FDF新型インフルエンザ対策VDSFVGS

新型インフルエンザ対策

HEADER.JPG - 35,520BYTES

新型インフルエンザ対策

メインイメージ

新型インフルエンザ対策に。消毒液はこちら↓

セハージャパン 
メインイメージ
ハンドジェル 400ml入

最新ニュース

医院向けのインフルエンザ対策として、メンテナンス付の装置のご案内。

消防署への設置事例

新型インフルエンザに対応! オゾンの力で消毒・殺菌!

ホームページが公開されました。これからもよろしくお願いします。
当サイトはインフルエンザについて詳しく説明したホームページです。

来たるパンデミック時に慌てず、騒がず、冷静に行動する為にインフルエンザ対策の情報を発信していくサイトです。

新型インフルエンザ情報 〜最新情報はこちら〜

タミフル耐性の新型インフル、初めて人から感染か 札幌市
朝日 社会面 元記事
 厚生労働省と札幌市は7日、新型の豚インフルエンザに感染した同市の患者から、抗ウイルス薬のタミフルが効かない恐れがある耐性ウイルスが見つかったと発表した。新型インフルのタミフル耐性例は国内8例目だが、今回の患者自身はタミフルを使っておらず、初めて人から感染した事例の可能性もある。

 これまでの例は、タミフルを服用するうちに患者の体内で変異して耐性を持ったと見られていた。

 厚労省などによると、患者は10代女性。8月22日、発熱して受診した札幌市内の医療機関で簡易検査が陽性で別の抗ウイルス薬のリレンザを投与、翌日には熱が下がった。9月下旬になって、同市衛生研究所の遺伝子検査でタミフル耐性の結果が出た。このため、改めて国立感染症研究所で調査、今月6日に耐性だと確定した。女性の家族は発症しておらず、周辺でタミフルを服用して症状が改善しない患者は増えていない。

 これまでの報告例では、耐性ウイルスは感染力が弱かった。今回、人から感染していた場合、感染力を持った可能性もあるが、厚労省は、感染拡大は起きていないとしている。同省は、「人から感染したのか、ウイルスが体内で変異したのかわからない」としている。(野瀬輝彦、小林舞子)

読売 社会面 元記事
札幌の10代女性、タミフル耐性「新型」 インフル

 厚生労働省と札幌市は7日、新型インフルエンザに感染した札幌市内に住む10代の女性から、治療薬タミフルに耐性を持つウイルスを検出したと発表した。

 耐性ウイルスは国内では8例目の検出だが、タミフルを服用していない患者からの検出は国内では初めて。人から人に感染する耐性ウイルスの可能性もある。

 女性は8月に発症し、治療薬リレンザを投与され回復。今月6日に国立感染症研究所の調査でタミフル耐性ウイルスと判明した。厚労省は「今後、周辺に感染の広がりがあるか注視する必要がある」としている。

(2009年10月8日01時22分 読売新聞)
朝日 社会面  元記事
新型インフル感染40歳代女性が死亡 堺市  堺市は6日、新型インフルエンザに感染した市内の40歳代の女性が4日午後に死亡したと発表した。新型インフルに感染した、または感染が疑われる患者の死亡は全国で21人目。直接の死因は、致死性が強い劇症型A群溶連菌感染症による多臓器不全で、新型インフル感染との関係は不明という。女性には高血圧症の基礎疾患があった。

 市によると、9月29日からのどの痛みやせき、発熱などの症状があり、今月2日に入院。3日からタミフルを服用していた。インフルの簡易検査で3度、陰性だったが、死後の遺伝子検査で新型インフルの感染が確認された。

関連トピックス新型インフルエンザ臓器移植タミフルこの記事を利用したブログ一覧

朝日 社会面

新型インフル定点調査、1道3県が「注意報」レベルに

 全国約5千の医療機関の定点調査で報告されたインフルエンザ患者が、北海道、福岡、沖縄、愛知の4道県で1施設当たり平均10人を超えたことが8日、4日までの最新の1週間の速報値でわかった。大半が新型の豚インフル患者とみられる。保健所の管轄地域単位で平均10人を超えた場合、「注意報」発令の目安となる。都市部を中心に新型インフルの流行が本格化している。

 沖縄県は8月に46.31人を記録してから1施設当たりの患者が減っており、他地域が上回ったのは初めて。

 8日までの集計では、北海道16.99人、福岡県13.34人、沖縄県10.47人、愛知県10.33人。9月にいったん10人を超えた東京都は9.60人だった。データを確定させたうえで国立感染症研究所が9日に発表する。

 北海道は30保健所中、浦河(37.00人)、札幌市(同28.66人)など5カ所で20人を超えた。愛知県では春日井保健所管内が33.44人になり、県は8日、県全域に流行警報を出した。

朝日 社会

新型インフル、5歳男児が急性脳炎で死亡 東京

 東京都は8日、都内在住の男児(5)が新型の豚インフルエンザによる急性脳炎で死亡したと発表した。厚生労働省によると、新型インフルの感染が確認されたり、疑われたりした患者の死亡は国内22人目で、男児は最年少。脳炎による死亡は滋賀県の男児(7)に続き、2人目という。

 都によると、男児は3日午前に40度の発熱があり、簡易検査でA型インフルと診断された。同日夕、意識障害やけいれんを起こして入院。同日夜には脳炎によるとみられる多臓器不全を発症し、集中治療室で人工呼吸器を装着された。5日に新型インフル感染が確認され、6日夜に死亡した。ぜんそくなどの既往症はなかったという。

 都は「感染源は特定できていないが、男児が通っていた施設で集団感染は起きていない」としている。

読売 社会面
新型インフルで脳症、5歳児が死亡…国内最年少

 東京都は8日、新型インフルエンザに感染した都内の5歳男児が、インフルエンザ脳炎による多臓器不全で死亡したと発表した。

 厚生労働省によると、国内の死者は疑い例を含めて22人目で、男児は最年少。基礎疾患(持病)のない未成年者の死亡は今回が初めて。

 都によると、男児は今月2日に発熱などの症状を訴え、3日に熱が40度に及び、近くの診療所を受診、簡易検査で陽性と診断され、タミフルを投与された。その後、容体が悪化し、別の病院に入院したが、意識不明に陥り、6日夜に死亡した。

 厚労省によると、小児は持病の有無にかかわらず、重症化しやすいとされ、7月28日〜10月6日に入院した1615人のうち、5〜9歳は約4割で、14歳以下だと全体の約75%を占めた。今回の男児のケースは、持病がなくても小児の場合は重症化や死亡のリスクが高いことを改めて示した形だ。

 厚労省は、健康な小児でも38度以上の発熱で、〈1〉呼吸が速い〈2〉顔色が悪い〈3〉嘔吐(おうと)や下痢が続く――などの症状があれば、早期に医療機関を受診するよう呼びかけている。

(2009年10月8日21時48分 読売新聞)

過去記事・・・
新型インフルエンザの感染拡大が増加しています。
8月21日に厚生労働省健康局結核感染症課は、
今年のインフルエンザ流行シーズン入りをプレスリリースしました。
国立感染症研究所において公表された、

平成21年第33週(8月10日〜8月16田の感染症発生動向調査における

インフルエンザの定点当たりの報告数が
季節性インフルエンザの全国的な流行開始の指標値(1.00) を上回ったことから、
流行入りを宣言しました。
そのほとんどは、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ・H1N1型)とみられ
新学期が始まる9月には爆発的に広がる恐れがあります。

新型インフルエンザ対策におすすめ

リオン            小型のオゾン発生器です。空間消毒・消臭に最適です! 
>取扱商品一覧へ

Lクリン            オゾン水をつくります。ぜひ詳細をチェックしてみてください。
>取扱商品一覧へ

ZERO            オゾン水と浄水器のを同時につくれます! お買い得。
>取扱商品一覧へ

バクテクタージュニア     新型インフルエンザ対策に。    オゾンのガスは使い方で安心。
>取扱商品一覧へ

■マスク、ゴーグル、手指消毒液のセットです。新型インフルエンザ対策パック。         >取扱商品一覧へ

新型インフルエンザ新聞。    最新情報満載。バックナンバーも閲覧可能です。
 >新聞はコチラ

FOOTER_BG.JPG - 7,562BYTES