新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザニュース <2009/10/9> 

<新型インフルエンザ対策>                   10/8記事へ←      →10/10記事へ

 

【新型インフル】国産ワクチンの出荷開始

 

産経 社会  元記事

 

 

 国内のワクチンメーカーが9日、

 

新型インフルエンザワクチンの出荷を開始、

 

メーカーの一つ、

 

埼玉県北本市にある北里研究所が出荷作業を公開した。

 

 国産ワクチンは、

 

4社が来年3月までに計2700万人分(1人2回接種)を製造する予定。

 

国民全部には行き渡らないため、

 

国は先に決定した順位に従い、

 

最優先グループに順次接種する。

 

 対象は、

 

医療態勢の破綻(はたん)を防ぐために接種が必要な

 

「医療従事者」のほか、

 

重症者を減らすための「妊婦」

 

「基礎疾患(持病)を持つ人」

 

「1歳から小学校低学年の小児」

 

「乳児の保護者ら」。

 

 最初の出荷は4社合わせて59万人分で、

 

今月19日以降、優先順位が最も高い医療従事者に接種される。